オーダー 純白のお花たちにブルーがアクセントのウエディングブーケ

2019/01/30

フローリストの山中淳子です。

 

去年の年末のお話。

ご依頼くださったのはそれよりも半年ほど前のことです。

数十年前に結婚しお子様もずいぶん大きくなられたお客さまで、

『結婚式も写真も何もしなかったので、年末に写真だけはおさめておきたいなと思って。撮影の時のブーケや髪飾りなどお願いできますか?』

とのことで、喜んでお受けさせていただきました。

ブルーがお好きとのことで、ポイントにきれいなブルーのお花を入れることにしました。

形は、定番の一つである丸いドーム型の“ラウンドブーケ”。

純白のバラをふんだんに使わせていただきました。

 横から見ても美しくなるように、白い麻のブーケ台を使いふんわり優しい雰囲気に。 

ブルーは今シーズンの新色のソーダーブルー。

水色とも真っ青ともまた違った美しいブルーです。

グリーンは少しシャビー感のあるアーティフィシャルのアイビーを使いました。

あまり光沢のあるアイビーだと浮いちゃって、本物であるプリザーブドフラワーと合わなくなるのでそのあたりはこだわりポイントでもあります。

新郎様の胸元に着けるブートニアもお揃いに。。。

ウエディングブーケの場合、出来る限り、お客様の理想のブーケに添えるようお打合せをさせていただいています。

その為製作期間を1か月以上いただいています。

お衣裳が決まりましたら、それに合わせてブーケを・・・という流れが理想的です。

ご相談は無料で賜っておりますので、お気軽にご相談ください。

☜click!!!

 

LINE@もございます。

お教室案内やイベントのお知らせなどをお届けします。

ご予約なども簡単にできますので、ぜひご登録ください。

友だち追加

ID jbr9915v